男根に高坂に教え込まれた口淫のテクニックを無意識に注ぎ込んでしまうのだった

ザーメンお受けしな こんなにへり下ってしまうのは妙な気もしたが、彼は。ご主人様。なのだから仕方ない。俺は自然に深々と頭を下げて感謝の言葉を述べていた。そして何やら英語で指示をされたキャサリ。は部屋を出て行く。待っている間 […]

Read More

挿入でも

オーガズムを求めいた おまんこ、痛い鞭で直接、その粘膜を打たれる痛みは女にしかわからない女の極刑とも言えるものだ。ほら、ちゃんとケツの穴締め付けてないと、漏れるぞ。そう言いつつ、バチして自分は友紀の性器を存分に楽しむよう […]

Read More

オナニーさこんなの

子宮まで蕩けるよたまらず 亀頭の側面に 腰が少し持ち上がって、おそらくは中腰になって構えたカメラの位置からは、丸見えだった。美肉の中心の円形のぷったも、そして、その下にある、真珠色の玉のようなモノも、はっきりと映し出され […]

Read More

チンポを欲しがっていつも

オナニーしてしまっていた私ですが 秘肉を押しひらき、クリトリスをフードの上からやわらかく愛撫しながら、生くさい性臭のある麻紀の女に顔をよせる。大陰唇がぷっくり盛り上がって、土手には縮れたヘア。その陰毛はワレメの中心に近づ […]

Read More

奴隷が逃走するなどという大変お見苦しいところをお見せしてしまい

奈美の口のなかはマンコ並みに気持ちがいい 以前は、前戯でクリトリスを弄られながらのオーガズムが最高だったのだが、一樹を生んでからは、急速に、ナカの快感が発達し、深く、強く感じるようになっている。人妻の身体は、着々と女とし […]

Read More