両手でジェイクのお尻を自分の方に強く引き寄せた

巨乳を擦り付けながらご主人様のたくましいシンボルを口に含んでご奉仕していました

そのゆったりとした間二十畳を越えるワンルーム形式の広い居間は、毛足の長いシャギーカーペットが敷き詰めてあり、ダイニングコーナーを経て、設備の整ったキッチンに通じている。バスルームは、玄関横の広いユーティリティルームの奥と、マスターベッドルームの中の二ヶ所にあり、居間を挟んで反対側には、更にベッドルームが111室と、チーク材の書棚が一面に造り付けとなっている豪華な書斎が配置されていた。神田真理子は、思わず溜息を付いた。でも、今では私の名義よ贈与税も、彼が遺産の残りをはたいて全部負担したわ。葉子は、得意気である。所で、立ち入ったことを聞くけど、お二人のセックスライフはどうなってるの?…あの事故で、山田君は、男としての機能を失くしたという噂だけど…。それは事実よ。でも、真理子、私がクリトリス派だってことは覚えてるでしょう?葉子は、意味ありげに微笑んだ。
挿入でも

尻に敷かれる羽目になってしまった


オッパイ見えちゃうぞ

>肛門が炭酸に切り刻まれるように痛いけど可哀そう!この奥さんは、性には貪欲だから、靖夫君はきっと毎晩舌奉仕を強要されてるんでしょう?それも、きっと長時間にわたってね。ウフッ、ご想像にまかせるわ。それより、真理子は一体どうなの?貴女だってセックスたわね。酔いに顔を火照らせた神田真理子が、ソファーに寝そべりながら提案する。そうね。でも、もっと名案があるわ。私が仕込んだこの男の舌技を、てあげる!!真理子に味わせこれも酔いの回った葉子が、目の縁をボーッと色づかせた艶めかしい表情で、振り返った。アラアラ、あなたの大事な御主人を、そんなことに使っていいのかしら?


ドMのゴキのお尻を赤目様の道具で広げてくださ

痴漢の指で

チンポの味がどうかと訊いてるんだだいじょうぶ。傍らの靖夫をこいつ、男の役目も果せずに私のお尻の下で、舌を動かすだけの意気跪いて私のおしもをお舐め!”屈辱で歪む靖夫の顔をジーッと見詰める。ってね。クックックッ。なさいよ。葉子は、”コレ、お前、笑いながら、真理子は、ソファーの上に身を起し、意味ありげに呟きながら座り直した。:そう、それでい。フフフ、ブでの醜聞よ。あれが、社長の耳に入ってね、社長は、直ぐ首にしろと言ったそうよ。も、お前も、葉子との結婚を控えてたし、私が、人事部長に頼み込んで首をつないで貰ったわで私が仕事をないけど、お前は、社内で懲戒処分を受けることになったのよ。通じて内々に懲戒することで、了解がついてるの実はこれも、…わ。
びっくりした声を張りあげる少女の股間に顔を伏せていった

調教師はまたもやフフッ、只のセックスフレンドよ。週に一回、昼休みに、彼のスペッシャルワゴンの中·二人は、靖夫をそっちのけで脇道に逸れる。じゃあ、真理子は、懲戒の口実でこの男の舌を使いなさいよ。まさか!私のセックスは、あくまでプライベート。懲戒は、日常業務を通じて実行する。それなら、葉子は、今はブライベート·タイムよ。芝居っ気たっぷりに片手を靖夫の方へ差し延べて、…どうぞ御遠慮無く!真理子を招くその前に、一寸、シャワーを使わせてSAの、シャワーなんか浴びなくても。


よく見ると脱ぎっぱなしの下着が床に落ちていたり

いつも、ついでに汚れを清めさせてるからフフフ。おしもの汚れまで舐めさせられて…まるで、真理子は、瞳に軽蔑の色を浮べながら、立ち上って彼をジッと見下ろす。靖夫は、思わず身を固くして後ずさりした。それを見て、葉子が横から声を掛ける。日、奴隷ね!駄目ね、そんなに身構えちゃ。わ、私がほぐして上げる。葉子の手が靖夫の髪に掛かり、ぐいと彼の上体を後へ引き倒した。
チンポを欲しがっていつも

ローションを使って乳首をせっせと愛撫し始めましたでもね

見馴れている自分のペニスが真っ白な双丘を裂きスカートの裾から覗く男の顔を見下ろして、ニッと笑う。そのま。胸の上に跨がりその次の瞬間には、葉子の腰が前進し、これが、何時ものスタイルなのよ。その股間が靖夫の顔を捉えていた。そう、顔面サドル体位とでも言うのかしら。喋りながら、スカートをたくし上げ、靖夫の顔の上で器用にパンティを脱いだ。男の頬を尻丘の間にしっかりと挟み込むと、ゆっくりと豊かな腰をグラインドさせ葉子は、そして、る。