処女だったらしいその子はしかし

勃起している夫の

さ、奥さん。後ろの方も抜かんと、脱がれへんで。あっああ、ああ、ううんつつた、たまりませ。ずいぶんとソッチも感じるようになったな、奥さん。どうや、とおケツと、どっちの方が気持ちええんや正直に言うてみい。オマンコ。オシリです。ああ、嫌だ、恥ずかしい…アナルの方がより感じてしまうと真っ赤になって告白する恭子さんの色っぽさに、俺はズキソと高揚するものを覚えた。何しろ前部は守男だが後穴を犯して歓ばせているのは、俺自身のペニス型なのだから。
オナニーさこんなの

容赦なく尻に洋子の平手が飛んだ


担当の医者からレイプを受けているのだ

>お尻では何度もイッチャイますバイブとどっちが気持ちええではもう一つ質問や。旦那のチンチンと、んや?嘘付いたらアカンで。ああ、イジワルぅ…そんな事、言えません。裏地に取り付けられていた2本のバイブレータを何とか引き抜き、長い脚からオズオズと貞操帯を脱ぎ捨てながら、俺の不躾な質問に答をためらう姿が、恭子さんの本心を物語っていた。愛する夫を救うため羞恥と屈辱に耐えてAVに出演しながら、顔を隠し男性器の挿入を拒んで撮影に臨んでいる貞淑な人妻なのに、いつの間にか夫に抱かれるより卑猥なバイブレータで貫かれた方が良くなってしまったのだろう。もちろん恭子さんは初めてこの。を象ったバイブレータを挿入された時、夫のモノでなくしかも血の通わぬ器具などにおかしな気分を出してはいけないと、しっかり身を固めて耐えようとしていた。


より深く挿入されると同時に

再びねっとりと亀頭を咥える

勃起を掴んだだが、嫌がる。女性の体をほぐし性的快楽で籠絡するのは、長年鍛えた俺の調教師としてのテクニックが最も発揮される所だ。それに騙されているのに俺に恩義を感じて頭を下げてしまう恭子さんの性格の良さも災いする。本当に毛嫌いしている女性を堕とすのは大変だが、そんな弱みを見せている恭子さんでは、俺や仲の良い職場の上司である久美の愛撫に易々と体を開かれ、守男の男根型バイブレータをアッサリ受け入れると、すぐさま弱点を見破った。俺に集中攻撃されてはしたな。潮を吹き上げ極めさせられてしまった。そしてほぼ同時に並行して行われたアナル調教では、穴の拡張にやや時間が掛かったものの、程なく俺のペニス型バイブが恭子さんに背徳の快感を教える事になる。
妻以外の女性とセックスを楽しむのもそれほど悪いことではないような気がした

繰り返し押しつけられる義弟のペニスの感触にこうして数日おきの撮影の度に、俺と久美に操られてコッテリと恭子さんに性の歓びを教え込んだ2本のペニス型バイブレータは、その淫靡な女泣かせの機能も生身の比ではない。隣家くらいなら十分に操作が可能な強力なリモコンで動く男根型は、ジーッと激しく振動しながらランダムに首を振り、グリグリと体内を擦り上げるのである。さらに貞操帯内部でバイブレータが振動するとそれが伝わって共振するように設置された柔らかい卵型突起が股間の前部に突き出ており、これも撮影毎に繰り返された局所責めですっかり敏感で剥け易くなったピンクの尖塔にピトリと密着して離れず、恭子さんを悩ませている。撮影も進むと、貞操帯だけで立たせた恭子さんの股間に仕込まれた11穴バイブを交互に動かし、長身美女にダイナミックな尻振りダンスを踊らせながら気をやらせる、などと言うフェティッシュなプレイも取り入れた。そして今では一日中装着を強要されている貞操帯の中で、前後の淫穴を抉るバイブレータは常に微振動するよう設定されて、寝ても覚めても恭子さんの官能をチロチロと炙っている。


セックスレスに近い状態なのだ

そのし俺と久美が所持しているリモコ。が気まぐれに振動レベルを上げてやっているのだから、夫の前や仕事中でも密かに気をやってしまっている。事だろう。生身の女体が愛する夫よりこの仕込みバイブに馴染んでしまい背徳の快楽から逃れられなくなってしまっても仕方のない事で、誰も恭子さんを責められまい。さて答をためらった恭子さんの態度で俺は十分彼女の窮状を察して満足したが、そんな事は知らない鈍感な麻里は口ごもった恭子さんを罵った。何気取ってんだよ、この浮気女っ!器械のチンポが好きなんだろうがっ!お前のマンコは亭主より他の男やいちいち取り合うのも面倒なので、俺は麻里を無視して恭子さんに話し掛ける。実害のある時だけ、コイツの相手をしてやれば良いだろう。
今は手にあるおぞましいオナニー写真

セックスはしてない

そろそろ頃合いと思いコチコチに固くなったチンポを真琴のまんこにぬぷぬぷと挿入したが、現実には麻里の存在が恭子さんへの責めをより過酷で耐え難いものにしてしまうのは避けられないのだった。さ、奥さん。大好きな浣腸したるな。今日はお客さんが来とるけど、慮せんでいつものようにビチグソをまき散らせばえぇねんで。ああ、そんな…嫌です、許して下さい。恭子さん、いいのよ。私が綺麗に後始末してあげるんだから、ね?で、でも!どないした?えらい聞き分けの悪い奥さんやな。貞操帯しとったらウンチが出来へんから、出せる時に出しとかな、体に悪いんやで。